フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

<   2012年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 3番バッターへの初球はインローにシュート。右バッターの膝ぎりぎりを掠める。

 大輔という名前は松坂大輔世代の両親が付けた名前だ。両親ともに野球が好きで、息子に松坂と同じ「大輔」という名前を付けた。
 実はこの「大輔」という名前は祖父母世代に甲子園を沸かし、その後ヤクルトに入団した選手。荒木大輔から取って松坂の両親が息子に「大輔」を与えたらしく、そのエピソードに感動した両親は、その名前を受け継がせたのだ。

 英才教育というほどではなかったが、周りではサッカーのほうが盛り上がっていたが、両親は当然のようにグローブとバットを買い与え、物心付いた頃から父親はキャッチボールをやらせ、些細なことも褒め続け、母親は地元の野球チームに入ると、どんなに忙しくても、送り迎えはもちろん、しょっちゅう応援に来てくれた。

 二球目は胸元にストレート。バッターはピクリと反応したが見逃す。ちょっとした間があってから主審は「ボール」と、まったく迷いはないという風にジャッジ。
 2ボール。

 両親の作戦で知らず知らずに野球の楽しさだけを知った大輔。教えられたようにすると、面白いように打てたし、面白いように三振が取れた。

 リトルリーグで注目されるようになると、楽しさよりも両親をがっかりさせたくないという思いが強くなってくる。面白かった野球が自分のためじゃなくなった瞬間に、なんだか霞んで見えてきた。

 それでも大輔は頑張った。シニアで自分の器を知ったときに、一番に思ったのは「両親に申し訳ない」だった。

 三球目は低めのストライクゾーンに、もう一球シュート。しっかりと待って打ったが、待ちすぎてファースト方向へのファール。

「プロにいけるような実力はないし、それどころかきっとセレクションがあるような強豪高に入るのも難しいと思う」
 思い切って両親に告げた。

四球目はアウトローへのストレート。それを詰まらせてくれて外野フライ。
「ツーダウン、ツーダウン」
 夏空はこれでもかと陽射しを浴びせかけ、入道雲はもくもくと元気だ。
 空も芝も青い。
いいじゃないか。意味もなく大輔はそんなことを思って、ロージンを手ではずませる。

思い切った大輔の告白に、両親は顔色ひとつ変えることなく。
「いくら親バカとはいえ、お前にそんな才能があるなんて、一度も思ったことはないぞ」と父親。
 母親にいたっては。
「じゃあ明日からサッカーでもやってJリーグでも目指す。名前も『翼』に変えてもいいよ」なんて笑う。

 大輔は前髪を伸ばして、原宿に買い物に行ってみたいと思っている、普通の山形の高校生だ。東京に行けばAKBに会えるとも思っている。それほど両親想いというほどでもないし、勉強も野球も頑張るような人格者でもない。
 
 両親の軽々しい答えにどれほど気持が楽になったことか。また野球が楽しくなりそうだ。

「山形中央に行くよ」
 普通の中の中くらいの偏差値の高校に決めたときも両親は。
「試験大丈夫か」と心配するだけで、野球については一言も言わなかった。

入学した日に「野球部に入部した」というと、無関心を装いながらも両親は嬉しそうだった。

4番バッターは全国的に名の知れたスラッガー。プロにも注目されている。秋から春の試合に出られない間に、その鬱憤を晴らすかのように練習に打ち込んできたのだろう。
身体は高校生とはとても思えないような大きさで強靭だった。

初球。インハイに渾身のストレート。
キンッではなく「シュッ」とバットが風を切る音と共に、打球は瞬く間に外野席の上段に飛んだ。

「ファールボール」三塁審判が手を振る。

 なんだ、あの打球は。化け物だ。
 大輔は強豪高の凄さを、またしても思い知る。

 二球目は低めにシュート。
 思いっきり引っぱられファール。
 シュートをそこまで引っぱられるのも初めてだった。

「おいおい。俺だってリトルリーグ出身だぞ」大輔はぶつぶつと文句を言って、ロージンを手に馴染ませセットポジション。

 キャッチャーのサインに何度か首を振って三球目。
 インサイドから外角に落ちていくカーブ。大輔の勝負玉。

 一度左足を上げかけた4番は、思いとどまってから、頭の位置をまったくずらすことなくフルスイング。

 こんどはファースト審判が両手を振る。またもやホームランすれすれの大ファール。

 もう何を投げようとストライクゾーンならホームランしかないだろう。

 四球目。セカンドランナーはどうせホームランだとばかりにリードも取らない。

 大輔はさんざんキャッチャーのサインに首を振ると、セットポジションをやめてワインドアップから投げる。

 投球ホームは全力のストレートだと思わせた。

 バッターは薄笑いを浮かべながら、左足を上げる。どんな速くともストレートなら、確実にスタンドに運べるという自信。

 が。大輔が投げたのは70キロにも満たない、山なりのスローカーブ。

 完全にタイミングを外されたバッター。

 大輔は投げ終わった瞬間に後ろを振り向いた。もしもピッチャーゴロでにでもなったらボールを捕ることも出来ない。それどころかバッターの手元にボールが届く前に大袈裟なガッツポーズ。
 それと同時に4番バッターは大きく空振りして尻餅をついた。

「ストラック、バッターアウツ」
 主審が叫ぶと、数少ない学校の応援団が大輔にやんやの喝采を送る。

 ベンチに戻るときにキャッチャーが「えらい派手なパフォーマンスだな。うらやましいぞ」と声をかける。

 尻餅をついた4番バッターはその二人を、殺気立った目でじっと見つめていた。


 注目されることもない普通高校が、甲子園常連高を手玉に取る。だれもが好む構図。
 喝采を浴びながらベンチに戻る大輔。プロで活躍する選手はこんなに気持いい思いをしているのかと思う。

 17歳の高校生。武道館のステージでスポットライトを浴びることや、ドームのスタジアムにサヨナラホームランを叩き込む夢想を誰もがしている。

 そんな夢想を規模は小さいが現実にする。大輔にとっては一生に一度のことだった。
[PR]
by revolver0319 | 2012-07-31 23:25
 サイレンの音が積乱雲の中に吸い込まれていくのと同時に、主審が右手を上げて「プレイ」と宣告した。
 7月10日。タイミングを見計らったかのように昨日梅雨が明けた発表され、今日から始まった「選手権山形大会」開会式が終わると、大輔たちの学校は酒田市光ヶ丘休場に移動して、一回戦に望んだ。

 綺麗なマウンドの上からグラウンドを見渡すと、大輔はワインドアップから一球目を投げる。我ながら悪くない球だと思った瞬間に。

「キンッ」
 っと小気味良い音を響かせて、真っ白い糸を引くように、低いライナーでボールは三遊間を抜けていく。

 サードもショートも反射的に横っ飛びにボールを捕ろうと試みたが、グラブとボールの間には、どうにもならない恋愛関係のような距離があった。二人はレフトが方膝をついて、教科書のようなゴロのキャッチで、すかさずセカンドにボールを戻そうとするころには、試合開始早々汚れてしまったユニフォームの土を払い落とし、「あれは捕れなくてもしょうがない」と言い聞かせるように、所定の守備位置に付く。

「先輩ドンマイドンマイ。ナイスプレー」ベンチ入りしていうる後輩が叫んでいるが、サードもショートも内心「うるせー。」と思いながら、意味もなく足元の土を足でならす。

 大輔はマウンド上で、サードやショートの照れ隠しには関係なく、やはり古豪と呼ばれる学校の相手は厄介だぞと思っていた。

 何しろ多少の自信がある低目のストレートを、簡単にレスト前に運ばれてしまったのだ。この先が思いやられる。

 対戦校は普段ならシード校として、一回戦から出てくることはないが、昨秋の大会時に喫煙が発覚し、国体と春の選抜を辞退し、この夏はシードから外れていた。

 大輔の学校は甲子園に出たことなんてあるはずもないが、毎年一回戦敗退というほど弱くもない。5年前にはくじ運にも恵まれて、ベスト8までいったこともあるが、準々決勝でコールド負けをした。

 大輔は小学校から野球をしていた。リトルリーグにも入り、そこそこ有望視されていたが、シニアになった瞬間に「野手になれ」とコーチから宣告され、自分の実力の程を知った。

 当然名門校からの誘いもあるはずもなく、地元の公立高校に入り、一年からエースとして試合に出ることは出来たが、ここまでの通算成績は5勝6敗。つまり毎大会初戦は勝つが、二回戦で敗れていた。

 この夏は2勝はして、高校最後のマウンドで3回戦で当たった優勝候補に破れ、がっくりと膝を付いて涙する。それが大輔がなんとなく描いていた予想図だった。
 なぜなら、それがなんとなく声援を送ってくれる女子に一番もてるのではないかと考えたからだ。

 一塁にランナーを背負い、セットポジションから2番打者に初級。低目にナチュラルなシュートを投げると、いとも簡単にランナーが盗塁。

 キャッチャーはインサイドワークはサッパリだが、肩の強さは尋常ではない。膝をついたまま前のめりに倒れるように二塁に送球。

 まるでキャッチボールの基本のように、ベースカバーに入ったショートの胸元に、驚くような剛速球が届く。しかしコンマ数秒を争う盗塁。胸元ではなく足元に投げ、すかさずランナーにタッチできなければ意味がない。肩は強く鋭い送球をするが、コントロールがいまひとつ。

 もうひとつ、このキャッチャーの特徴はバットスイングのスピードが半端ではないことだ。真芯に当てれば、ボールはフェンスを簡単に超える。小さな球場なら場外にも運べるほどだ。だが真芯に当たることはまずない。練習でもそうそうない。スイングスピードはプロ並みだが、バッドコントロールが小学生以下だ。

 それでもこちらを完全になめていたのだろうが、ランナーはキャッチャーからの送球を見て、3盗を試みるのはやめた。

 2番バッターへの2球目は、インハイにカーブ。これを引っ掛けてくれてサードゴロ。盗塁されていなければダブルプレーが取れた。サードはなんでもないゴロを、張り切って捕ると、往年の長嶋ばりにフィールディングで一塁へ送球。先ほどの気まずい届きもしないボールに横っ飛びの照れ臭さをこれでチャラにしよう、そんな動きだ。

 ショートはつまらなそうにそれを見ていた。

 大輔は一応後ろを振り向いて、人差し指を立て「ワンダウン」と大声を上げる。先日までは「ワンナウト」と叫んでいたが、メジャーリーグ中継でアナウンサーが「ワンダウン」というのを聞いたキャッチャーが「明日の大会からは『ワンダウン、ツーダウン』でいこう」と提案してきた。

 大輔は「そんなことよりも予選会の抽選で、よりによって優勝候補を引いてきたことを謝れ」と迫ってみたが、「まぁまぁ。最後の夏休みを減らさなくて済んだだろう」とひとごとのようだった。

「ワンダウ、ワンダウ」野手が早くも言いなれたように最後の「ン」を発音しない言い方で叫ぶ。大輔はちょっと照れくさかった。
[PR]
by revolver0319 | 2012-07-27 20:51

ジュピアの思い出

a0138093_1957051.jpg







a0138093_1958826.jpg






a0138093_19582545.jpg



いいミーティングだった・・・。









a0138093_19585335.jpg



はずなんだが・・・・。
[PR]
by revolver0319 | 2012-07-18 19:59

さもしい国の人たちへ

 結局のところ日本人の心がさもしくなってしまったんだよ。

さもしい。品性が下劣なさま。心根が卑しい。意地汚い。
そういうことだろ。

何万人もの人間が困ろうが、金になるから原発だよ。目の前の金を捨てるわけがない。

どんなに原発反対しても無駄だよ。

なにしろ日本人は中学生が、いじめに思い余って飛び降りたところで、自分たちの地位や目の前の金を守るために「いじめとは関係ない」って平然と言う訳だよ。

聖職とも呼ばれる連中がだよ。


中国っておかしいだろう。今までは見向きもしなかったのに、そこに資源や軍事的目的として大きいと分かると「我が国の領土だ」と言いだす。

でもさ、大丈夫だよ。日本人のが数倍さもしいから。

俺は違う。なんていわせねえぞ。
5千円だして3千円のもの買って、レジの人が一万円と勘違いして7千円の釣りを出すと、ラッキーって早足で帰るんだよ。

バイカーは、なんていわせねえぞ。
ミーティングでバイクが山ほど止まっていれば、パーツや工具をかっぱらうんだよ。


いいよ。チャンスをやるよ。
腹切れ。
武士として死なせてやるから、腹を切れ。
恐ければ、腹に刃を当てた瞬間おれが介錯してやるよ。

原発が止まったら、今度は自然エネルギー。そのために困った人がいようが「人類のためだからお前は死んでろ」って平気で言うよ。

さもしい気持の国民が何をやろうが駄目に決まってんだろ。

薄汚い日本人の皆様。どうぞ一度死んでください。
こんな国なくしちまえ。

全部の原発爆発させろ。

一度死の焦土にして、一万年後の新たな日本人に期待しようぜ。

安心しろ。俺が最初に死んでやるよ。

お前を叩き斬ってからだけど。
[PR]
by revolver0319 | 2012-07-11 18:49

今月の福島

7月の福島はジュピアに参加します。

7月14・15日。行ける人はいっしょに走りましょう。

現地でもお気軽に声を掛けてください。

腹さえ減っていなければそこそこいい奴です。

去年のジュピアは飲みすぎて記憶がないので「去年会いましたね」と言われても覚えていません。ごめんなさい。


4号機の冷却停止はなぜかどこもたいしたニュースにはしていないけど、もしも4号機が駄目なら中止。すかさず関東から避難が無難でしょう。

さあ、みんなで福島だ。
[PR]
by revolver0319 | 2012-07-04 22:16