フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

<   2011年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

おかしいと思わないか

さて、世の中節電ブームである。
「ブームとはなにごとか」とかいう馬鹿も多いでしょうがブームです。

なので俺は一切節電してません。
当たり前の無駄遣いはしていませんが。

大量に電気使用する工場には夏に規制があるそうです。

おかしいと思いませんか?

金銭的窮地に陥り自殺者がでる。
父親、または母親が多額の借金をして一家離散。
挙句の果てには罪もない子供が、サウナのような車の中で、苦しみまくって死んでいく。

それでも誰も文句を言わない

パチンコ

どこまで正確か分からないけれど都内からパチンコ屋がなくなれば福島の1~4号機までの電力と同量が節電できるとか。

市民に、多数の雇用をようする工場に規制を求めるならパチンコ屋全部潰せよ。


「パチンコ屋で働く多くの雇用をどうするのか」
心配するな。パチンコで金を使いまくるバカどもは他で金使うから雇用は増えるよ。


テレビにスポンサーとして多くの金を使うやつの勝ちなのか。


パチンコがどうしてもやめられない人。
考える力をつけてみませんか。


アーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

いらいらする。
[PR]
by revolver0319 | 2011-05-25 23:25

6月の福島

6月は17日に福島に行きます。
温泉で一泊予定。
翌日18日から岩手のVラリーに向かいます。

VラリーはVIBES全員参加なので18日にどこかで合流しようかとも考えています。

福島参加者
大森
おきやん
小林君(アディクションズ)
富樫
ミヤビ

なるべく安い温泉宿を探していますので、参加希望者はご連絡お待ちしています。
a0138093_2391593.jpg

[PR]
by revolver0319 | 2011-05-16 23:09

報告と今後の希望

大変遅くなり申し訳ありませんでした。
今までのご報告をいたします。

多くの物資、義捐金等のご協力ありがとうございました。

まずはじめに福島のガスですが先日一緒に福島県内を少しだけ走ってきました。

がっくりとしてしまい「やばいな」という感じだったのですが、やっと元気を取り戻しつつあります。


多賀城のスノードッグことユウキですが、最初に水、食料、ガゾリン80リットル、灯油60リットル。新品のテレビなどの物資。お見舞金を託しました。

その帰り道で俺の軽トラがぶっ壊れ廃車という運命的な出来事もありましたが、ユウキの家の近所15軒ほどに配れたので俺たちの考えていた作戦に間違いはないという手ごたえで帰ってきました。

ユウキのお母様が花を育てていたことを聞いたので、二回目の物資輸送では花の苗、種、土、プランターを大量に運び、津波で電化製品すべてがやられていたので冷蔵庫、洗濯機などを運びました。

一度多賀城に向かうとガソリン、高速で2万強が必要なので、ここにも皆様の義捐金の一部を当てさせていただきました。


現在は多賀城も一応の落ち着きを取り戻しつつはありますが、今後も救援を続けます。


個人的な作戦としました。
津波で被害を受けた東北の方々はそれでも明日に向かって進んでいます。
現地に行くと劇的な速さで進んでいることが目に見えて分かります。

想像してください。

あなたの家が20年以上のローンを残したまま津波で亡くなりました。
あなたの奥さんと、愛して止まなかった子供がいなくなりました。
仕事はなくなりました。

そんな状況下でも尋ねてきてくれた人に笑顔で「元気でごめん」っていえますか?

東北にはそんな強い人たちがたくさんいます。


それとは別に福島です。
ガスをはじめ「放射能」という恐怖の不安に怯える人たちは明確な明日が見えていません。

政府の「いますぐ健康に影響を及ぼす数値ではない」を信じてがんばろうとしていますが、風評という気持ち悪いものにもやられています。

いわき市で製造業を営むW君は放射能なんて入り込む余地のないものを作っていますが「福島県で製造」というだけで関西の業者から納品拒否をされています。

これはそこらにころがる噂ではなく事実です。

いわき市からは大企業の撤退も相次いでいます。
町の中は平和そのもの。マスクをしている人もいないし、ジョギングしている人もいれば、喫茶店は女子高生のおしゃべりであふれているし、居酒屋だって繁盛しています。

20キロ圏内の外側の町のホテルや旅館、温泉街も工事関係者でほぼ満室状態です。
浜通りはそんな状況です。

中通り、会津などの観光地はゴールデンウィークを終えたこれからが厳しい状態になるでしょう。
ちなみに放射線量は近くのいわき市よりも福島市、伊達市のほうが高いです。


俺はこれから毎月福島にツーリングに行きます。
そこで出来れば旅館に泊まり、地元のものを食べて金を少しでも落とします。

どうせ毎月どこかに走りに行くのだから、それを福島にするだけです。

金がないときはキャンプですが、それでも福島に行きます。

農業、漁業、畜産、林業。福島はそのほとんどが駄目になりました。原発という何万人もを雇用をしていた施設もなくなります。

「たのむから5号機6号機だけでも稼動を続けてくれ。それじゃないと福島は働くところがなくなる」
そう冷静にいえる若者もいます。

去年の春に原発から5キロの場所のふるさとで歯医者を開業した若者はとうぜん非難。いまは借金4億円だけを抱えて途方にくれています。


答えはひとつです。
福島が死ぬのなら日本も死にます。

右に倣えはもううんざりだ。
放射能汚染の可能性があるものを拒否する権利は誰にでもある。
それを風評というのか?

放射能を浴びる可能性のある地域に行かない権利は誰にでもある。
それを風評というのか?

「風評、風評」とそれがまるで正しい正義のようにいう馬鹿にはなるな。
自分で選べ。
自分で考えろ。
そして行動しろ。


さあ、一緒に福島ツーリングする人を募集する。
今回は協力に義捐金などをいただけても、すべて福島のために使う。
高速代も、ガソリン代も、宿代もぜんぶ自分もち。
それでもいい人を大募集。
毎月行きます。こられる月に一緒に行こう。


「小さな子供がいるので」
「女房が心配するので」
などなど、行けないかたを嫌いになることはありません。ご安心ください。

でもいちいち言い訳を俺に連絡しなくて結構です。

「大森さんの行動はすばらしいと思います。でもいま女房が妊娠しているので行けません」
なんていうのはじゅうぶん理解していますが、いちいちメールされると
「じゃあ来るなバーカ」としか思いませんのであしからず。

しっかりとした自分の考えで来てくださいね。
a0138093_13583766.jpg
a0138093_1359194.jpg

[PR]
by revolver0319 | 2011-05-10 14:01