フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

標高 大石内蔵助3

「山のためよ」
 黒目がちな綺麗な二重がきりりと前を見つめてそう言うと、同姓の女性でもドキリとさせる魅力がある。


 それほどの美女と付き合っていて、同じ部屋でテレビを見ることが許され、そのうえキスまでされてしまう幸福な男、白石耕太。中学からバスケ部に在籍し、高校に進学しても続けていた。だからといって耕太が飛びぬけた身長ではなく、173センチのクラスでも真ん中くらいの平均的な高さでしかない。

「小さかったら高く跳べ」そんなコピーのCMを見てやりたくなり、なんとなく面白いから続けているだけで、全国を狙えるようなレベルでもなく、若さというやり場のないエネルギーを発散する場所にしているだけであった。

 身長も平均的なら成績も平均的で。タバコを吹かしたこともあれば、一夜限りの家出も体験済みだし。胸が張り裂けそうな恋もしたし、死にたくなるような失恋も経験し、彼女のおっぱいを揉んだことだってある。“青春”ということに対して足りないとすれば盗んだバイクで走ったことも、夜の校舎で窓ガラスを割って回ったこともないということくらいだ。
 
 友達もいるし、両親に対しても思春期の少年としての正しい態度で接していた。将来に対して「夢なんてない」なんて悲観することもないし、それでもそこまで夢中になるものない。普通の高校生と辞書を引けばきっと「白石耕太」と出てくるくらいだと思ってもらえばいい。
ある日仮病で学校を休み、家でテレビを観ていた。平日の昼間に夢中になれる番組があるわけでもなく、時間があるのにやりたいことも思い浮かばない。そんな自分を少し嫌いになりそうなときにNHKで「緑の砂漠」という再放送らしいドキュメンタリーを放送していた。
 

 日本の林業が盛んな頃に多くの人手が山の木を切り倒した。昭和初期から伐採は盛んになり、肉体労働の仕事は相当な辛さがあったが給料は公務員の5倍以上にもなった。
 たちまちに山は禿山になり、少しの雨でも川は氾濫し、洪水被害が深刻化する。
 利益を上げて邁進する産業は自らの過ちに見てみぬふりをするものである。しかし林業は違った。
「このままでは自分たちの仕事がなくなる」
「次の世代に残すためにも」
 そんな反省の元に禿山に木を植えていった。残念なことといえば、植えたのは30年という速さで育つ杉ばかりだったということだ。
 そんな努力もむなしく材木産業は海外の安いものに押され衰退していく。林業は衰退の一途をたどり、ついには生い茂る杉だけの山を残し風前の灯とかした。

 山では隙間なく並んだ杉が太陽の光を遮り、遠めには緑鮮やかに見えても、地面には雑草すら生えず、虫も寄り付かず正しい食物連鎖も成立していない世界になった。
 白石耕太はそんな番組を食い入るように見ていた。自分がなぜそれほど夢中になるのかすら分からないまま、番組が終わると自転車をで2時間かけて丹沢の山に行ってみた。


 神奈川で生まれ育ち、近くに大きな山脈があり、それが「丹沢」と呼ばれていることくらいは知っていたが、はたしてどこまでが丹沢で、その中にはなんと言う山があるのか。そんな知識もないくらいに「山」に対しては完全な無知だった耕太。適当に山に向かい林道に入りしばらく走ると「登山道入り口」という朽ちかけた看板をみつけ、そこに自転車を置いて坂道を登っていった。
 ジーパンにスニーカー。ロンTという格好でぬかるんだ泥道を歩き、ガレた岩場を有り余る体力だけでガシガシ登る。春から夏に変わりかけている頃ではあるが、山の上に出ればさすがに耕太の格好では寒い。登っているうちは汗をかき気付かなかったが「緑の砂漠」を捜すのに立ち止まると震えるほどに冷えていることに気付き。その日は結局砂漠を発見することはできずに山を駆け下りた。

 家に帰り調べると。そのひ登った山は標高が400メートルしかない日向山という丹沢前衛の山でそのあたりはいまだに雑木林に囲まれた恵まれた環境化にあることも知った。耕太は山の上で吸ったつめたい空気の中に、今までに味わったことのないツブツブを感じていた。今度はちゃんと登ってみよう。翌日本屋で「登山地図・丹沢」という本を買い、日曜日の早朝に鍋割山という山に登った。そしてその途中に「緑の砂漠」をみつけ、耕太の中で何かのスイッチが入った。それからは毎週のように丹沢の山に登り。高校を卒業する頃には丹沢山塊全てのピークを踏んでいた。
 
 卒業半年前に進学しないことを宣言し親を慌てさせ、三者面談で担任に「進学しないでどうする気だ」と聞かれると、耕太はまじめな顔でこう答えた。
「林業をやります」
[PR]
by revolver0319 | 2009-07-07 20:51