フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

旅行記

旅じゃなく旅行。
バイクじゃなくて飛行機。

メリットは疲れることなく移動が楽々。

a0138093_21541159.jpg

那覇まで迎えに来てもらい向かった先はもちろんここ。

a0138093_21551273.jpg

とりあえず初対面のタマにご挨拶。

a0138093_21561527.jpg
a0138093_2157358.jpg

部屋の中からベランダに移動して、深夜まで心地良い南の風に当たりながら呑む。

「夏の風だな」と小林君の一言。

a0138093_21592745.jpg

翌日梅雨明け。

慰霊祭に向かう。
a0138093_2212933.jpg

a0138093_222761.jpg

ソーキソバを食べて。

a0138093_221284.jpg

途中で一番古いシーサーに会いに行く。
このシーサーはこれ。
a0138093_2252968.jpg

激戦の中いくつもの銃弾に晒された跡が今も残る。

訪れる人が少ないのか周りが荒れていたのが残念。


a0138093_2275611.jpg

首相を囲むSP。

手前に立っているSPが。
a0138093_229449.jpg

本当にこんな娘がいるんだね。取り押さえられたい奴もいるかもな。

なんて馬鹿なことを考えながら鉄の暴風雨に晒されて亡くなった方々、多くの英霊たちに黙祷。

a0138093_2211950.jpg

今でもここに刻まれる名前は増え続けている。
日本人だけではなく、沖縄で犠牲になったすべての人の名前が刻まれる。

a0138093_22122490.jpg

この美しい海を覆い尽くす船が所かまわず爆弾を落とし、その船に飛行機もろとも突っ込んだ方々の犠牲の上に、胡坐をかいて今の平和を貪っていることをもう一度心に刻む。

67年前のこの日が雨だったらいい。こんな美しい場所で誰が死にたいだろうか。
せめて雨で、美しさがすこしでもぼやけてくれたらいい。
身勝手なことを考える。

a0138093_22154363.jpg
a0138093_22155991.jpg
a0138093_22163367.jpg

すべての都道府県の慰霊碑が並んでいる。

a0138093_22172972.jpg

こんな洞穴に立てこもり最後まで戦い続け、牛島中将(最終大将)の自決で一応の戦いが終わる。司令部だった洞穴はそのまま残されているが、その前ではため息だけしか出ない。

a0138093_22194044.jpg



a0138093_222023100.jpg

ヤギが乗せられた軽トラが高速を走る。今夜はどこかでヤギ刺しだろうか。


a0138093_22211510.jpg

今夜は最初から表でオリオンビールと泡盛でBBQ。

a0138093_22221624.jpg
a0138093_2222316.jpg
a0138093_22225654.jpg

朝から美しい海に。

a0138093_22242180.jpg

海パンを干してもう帰り道だ。

a0138093_22252867.jpg
a0138093_2225421.jpg
a0138093_2226563.jpg


どこもかしこも美しすぎて、これから何度でも行ってやろうと思う。

移動が瞬く間で楽な飛行機は、ひとの気持ちなどお構いなしに距離を移動してしまう。
昨日まで真夏の美しい沖縄にいたのに、もう梅雨でジメジメとした自宅にいる。
デメリットは心が追いつかないスピードだ。

楽なのはいいが、やはりバイクでじわじわと移動するほうが俺の気持ちには合っている。

仕方ないから琉球ガラスのグラスで酒でも飲むしかない。
a0138093_22294328.jpg


沖縄の海に入るのは、靖国に参ることと変わらないくらいの意味深いことだと思っていた。琉球の神に抱かれたままの英霊が眠る海なのだから。
そう考えていた。

それは今でも間違っていないと俺は考えている。

でもね。沖縄の海に入った瞬間、楽しさだけに包まれてしまった。
それもいいと思っている。

沖縄はお勧めだ。
[PR]
by revolver0319 | 2012-06-25 22:35