フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

Can't you see?

 今日久しぶりに湾岸を走ってみたんだよ。そうだ。あの頃二人でよく走った、ベイブリッジを渡って、翼橋を抜けるあの高速だよ。
 箱崎のジャンクションを越えて隅田川を渡るとさ、左手には「スカイツリー」なんていう600メートルを超えるようなタワーがあってさ、右手には「ゲートブリッジ」なんていう近々開通する橋が、偉そうに海の上を横切っているんだよ。もうひょっとしたら「ブレードランナー」の中に出てくる街並みを古臭く感じるかもしれないくらいだ。
 あれから何年経つんだろう。
 ものすごい勢いで街は変化しているよ。きっと一緒に走ったらお前は。
「あれはなんだ?ここはどこだ?」
 って質問ばかりするだろうな。
 なんでだろうな。
 忘れていたんだよ。お前のことなんて。
 俺も日々の生活に必死でさ。そんな余裕がなかったんだよ。
 毎日仕事して、帰ると酒を飲んで。どんなに街が変化しても、俺はあまり変わっていないよ。
 休みの日には走りにいって。これからの季節はミーティングかな。なくなったのもあれば、新しく始まったのもあるよ。
 なんでだろう。そうだ「ラブ&ピース」が復活するんだよ。ホットバイクを、また池田さんが作り始めて、久しぶりに俺たちが毎月ワクワクしたホットバイクに戻ったからかもしれないな。
それと昨日久しぶりにトム・ウェイツを聞いたからかな。相変わらず「グレープフルーツムーン」は名曲だ。
 英語の歌詞なんて何も分からない俺が「『Grapefruit Moon』という言葉は詩的だ」なんて珍しく言ったもんだから、お前はその訳を書いてくれたな。
 グレープフルーツのような月
 光る星がひとつ
 それが僕を照らしている

 あの調べをもう一度、聴きたいと焦がれている僕を
 ハニー、見えないかい?

 あのメロディーが聞こえるといつも
 胸の奥で何かが壊れるのに
 
 グレープフルーツのような月
 光る星がひとつ

 それでも潮の流れは戻せない

 丸暗記しているんだぞ。お前みたいに英語を理解は出来ないけれど、この曲だけは完璧なんだ。
 だからお前を思い出したのかもしれない。
 しっているか。日本は大災害に襲われたんだ。いつか旅した東北は地震と津波でめちゃくちゃになって、その上原発が爆発したんだ。
 何万もの命が無くなってしまったよ。
 今日湾岸を走りながらお前を思い出してさ。こんな災害を見ずに済んだお前が少しは良かったかもしれないなんて思ったんだよ。
 そのときに橋を渡ってさ。
 ショベルは相変わらず調子良かったり悪かったりで、それでもやっぱり気持ちよくてさ。進化しすぎた東京を見て「Haney Can’t You See?」なんて口ずさんだら。
 やっぱりお前が生きていてくれたら、なんて思ってさ。ちょっと泣けたんだ。
 
 
 踏み越えられなかった運命
 そんなものはなかった

 君は僕にインスピレーションをくれた
 だが一体何を失わなければならないんだろう

 あのメロディーが聞こえるといつも
 胸の奥で何かが壊れるのに

 グレープフルーツのような月
 光る星がひとつ

 僕には何も覆い隠せない



 今タバコを吹かしながら
 僕は清らかさのために戦う

 でも星のように
 暗闇に落ちていく

 あのメロディーが聞こえるといつも
 木に登るのに

 グレープフルーツのような月
 光る星がひとつ

 それしか見えないから

 フルコーラス丸暗記だぞ。
「よく覚えたな」って言ってくれないか。
「ひどいもんだな」って。一緒に災害をなげいてくれないか。
 そして、一緒に走ってくれないか。
 タイミングよくまん丸でグレープフルーツみたいな月でも出てくれればいいんだけどさ。やっぱり世界は俺を中心に回っていないからそんな調子いいことも無くてさ。
 ギャップを越えると最近4速フレームのショートショックすら厳しくなってきたよ。
 
 まぁいいや。
 またしばらく、お前のことは忘れておくよ。


 
 
[PR]
by revolver0319 | 2011-06-04 00:54