フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

ハート・ロッカー

さて、最近映画好きに復帰しましたので、皆様のお役に立つ映画評などを書いてみましょう。

今回は昨年アカデミー賞を受賞した『ハート・ロッカー』
アメリカ軍の爆弾処理のお話しです。

さてその昔「ブラックホークダウン」という戦争映画があり、そこそこの評価を得た作品で。日本人にも。
「いい映画でした」なんていう人も数多くいました。

そんな人たちはとっとと死んでくれるといいですね。

「ブラックホークダウン」は

「俺たちアメリカ人は世界でNO1な人種なんだから逆らうんじゃねーぞ。その俺たちだってこうして苦しんでんだからテメエらみてぇーな、クソみたいなアジア人とか中東の奴らは黙っていろ」

という映画です。

で、『ハート・ロッカー』は

「世界平和のために我々アメリカ人はここまで心を病んでいます。どうですか世界最強の人種だということが分かりますね」

というクソ蛆虫な感じです。

お願いですからアメリカ人の89%くらいの人は死んで欲しいものです。


俺は正々堂々と胸を張ってこういいます。
「世界ナンバー1の映画はいつだってハリウッドにある」
嘘ではありません。黒澤も小津も好きだけど、常に映画という夢を見せてくれるのはハリウッドです。ジブリなんて見て涙流して「かんどーするーー」なんていっている人は、今すぐ生焼けの鶏肉でも食べて腹をこわしてください。

ジョンウエインからこっちプロパガンダも盛んだけど、レベル低すぎるんだよ。もっとしっかりしたプロパガンダ作ってくれよ。


なのでDVD借りにいくひとはこんなクソ映画みないで「真夜中のカウボーイ」でも見ましょう。
[PR]
by revolver0319 | 2011-03-05 12:51