フリーライターです。書き綴ったものを載せてます。


by revolver0319

描写デッサン推敲

 昭和初期から使われているだるまストーブの上に置かれている、やはり年代物の鉄の薬缶がシュッシュッと蒸気を上げている。(この文章があとに繋がっていない
 広さが12畳ばかりの工場の三面に大きめな窓があるから、昼間はじゅうぶんに明るい。窓はサッシなどではなく木枠で出来ているから、(「から」が同じ段落の中に連続する。素人の文章にしか思えない。本番の原稿にも時々見受けられるので注意)するすると簡単には開かず、両手で窓を持ち上げるようにし、ぎしぎしと少しずつ横に移動させる。(工場内の描写をもっと丁寧にしたい。物語の重要な場所になるはずなので最初に読者の想像力をもっとかきたてるように、どんな工場か目に浮かぶようにしたい) 健次郎は毎朝四時に起きると、母屋の寝室から、寝巻きのまま工場に行く。もっとも母屋と工場はふすま一枚で区切られているだけだが。(母屋も工場に合わせてもう少しだけ細かく描写したい。けれど無用に長い風景描写は退屈になるだけなので注意) 暮れも押し迫ったこの季節は工場のストーブを最初につけてから、苦労しながら窓を開けて、冷たくきりきりとした、それでも新鮮な空気を入れて、神棚の水を取り替え手を合わせる。冷たい空気にさらされながら、ぼんやりと“もうすぐ正月か”と考えて、どう過ごすのかというその先に思考は及ばないまま、(いまひとつ意味が不明。もっと分かりやすく。物語り全体を考えて季節設定ももう少し具体的にしたい)タバコを一本深く吸い込む。(この辺りに最初の一文を繋げたらどうか) 窓を閉めて工場の釜に火を入れて、ラジオをつけるとちょうど朝一番のニュースが始まる。一度母屋に戻り、布団を畳む。押入れの中に仕舞う体力はじゅうぶんあるけれど、健次郎は妻を亡くしてから、部屋の隅に押しやるだけで仕舞うことをしない。
 昨日炊いた残りのご飯をジャーからよそい、もらいものの惣菜をおかずに、朝食を済ませる。歯を磨いて顔を洗い、タオルで拭こうとし、そのタオルをずいぶんと換えていないことに臭いで気がつき、そういえばもう三日ほど前から換えなければと思っていたことに気がつく。(「気がつき」と「気がつく」が重なる。いかに読み直しをいい加減にしているかが如実に現れる。言葉のリズムを考えればありえない。要注意)


以下推敲後
 昭和初期から使われているだるまストーブの上に置かれている、やはり年代物の鉄の薬缶がシュッシュッと蒸気を上げている。
 広さが12畳ばかりの工場の二面に大きめな窓があり、表へ通じる引き戸も前面がガラス張りなので、昼間はじゅうぶんに明るい。その窓はサッシなどではなく木枠で出来ているから、するすると簡単には開かず、両手で窓を持ち上げるようにし、ぎしぎしと少しずつ横に移動させるようにしなければ開かないけれど。
 父親の代に建て増しされて作られた工場はすべてが古く、不具合が出たところはそのつど修繕してきた。雨漏りは何度も直したが屋根を葺き替えるまではしない。板で囲われていた安普請の壁はさすがに断熱材を入れ、軽量な新しい素材のものに替えたのが10年も前だろうか。もともと土間のままだった床を、保健所に衛生面に難があると言われ、しかたなくコンクリートにしたが、底冷えは土間の頃と変わらず、壁の効果はうすかった。
 調理道具や木製の台などは、丁寧に手入れがされてきたからほとんどが当時と変わっていない。
 戦火を逃れて建物が生き残ったと驚かれるが、中の道具を見ればもっと驚くだろう。
 母屋は築年数100年になろうかというもっと古い建物だが、ここらの土地にはつい最近まで珍しくもなかった。代が変わり次々と立て直されてしまったが、この家の跡取りはみな東京に出て暮らしているから、立て直す必要もなかった。
 家の主人、健次郎は毎朝四時に起きると、母屋から寝巻きのまま工場に行く。母屋は平屋で部屋数は10ばかりあるが、ひとり暮らしの健次郎が使うのは仏間と台所くらいだ。 
勝手口だった場所を工場の入り口に変えただけなので、工場はふすま一枚で区切られているだけだが。
 立冬も近いこの季節は工場のストーブを最初につけてから、苦労しながら窓を開けて、冷たくきりきりとした、それでも新鮮な空気を入れて、神棚の水を取り替え手を合わせる。冷たい空気にさらされながら、ぼんやりと“もうすぐ師走か”と考えるが、正月をどう過ごすのかというその先に思考は及ばないまま、タバコを一本深く吸い込む。
 その頃に薬缶が沸き立ち始める。
 窓を閉めて工場の釜に火を入れて、ラジオをつけるとちょうど朝一番のニュースが始まる。一度母屋に戻り、布団を畳む。押入れの中に仕舞う体力はじゅうぶんあるけれど、健次郎は妻を亡くしてから、部屋の隅に押しやるだけで仕舞うことをしない。
 昨日炊いた残りのご飯をジャーからよそい、もらいものの惣菜をおかずに、朝食を済ませる。残り少なくなった自前の歯を磨いて入れ歯と顔を洗い、タオルで拭こうとしそのタオルをずいぶんと換えていないことに臭いで気がつく。そういえばもう三日ほど前から換えなければと考えていたことを思い出す。
工場の描写がまだ弱いが、これ以上しつこくしても飽きられる。おいおいとその都度書き込みたい
[PR]
by revolver0319 | 2011-02-01 21:00